Republique 17

Cafe and others LA Sightseeing Mid-Wilshire

Republique - レピュブリック

更新日:

元チャーリー チャップリンのオフィス、La Brea Streetの人気フレンチ、ベーカリーレストラン

ロサンゼルス中央を走る、La Brea Avenueに変わった塔のようなものがある建物が一際目を引きますが、その前には常に行列!人気ベーカリ及びフレンチレストランがこのレピュブリックです。

Republique 19

店内入るとまずたくさんのケーキやペーストリーが並ぶカウンターになるのですが、実はこのレジで全てオーダーするシステムとなっています(昼間)。朝早い時間の方が空いていますが、行列になってもご安心を! 店内は広いので席は確保できます。

Republique 02

美味しそうなスイーツのみならず、ブレッドの種類もとても豊富。ペーストリーとコーヒーなどで簡単に朝食を済ませる人も多数です。

Republique 04Republique 05

この建物、実は1928年にチャーリーチャップリンがオフィススペースとして設立したものなのですが、その後シェフでベーカーのナンシーシルバートンが1989年レストラン、Campanileをオープンし、又隣接するスペースにLAの有名ベーカリーブランドのLa Brea Bakery を設立、販売することとなります。

2012年にレストランは閉店するのですが、2013年にシェフのウォルター・マンズケと妻でパティシエのマルゲリータがレピュブリックをオープン、翌年2014年にはLos Angeles Magazineの「Best New Restaurant」を受賞しています。このスペイン風のレンガ造りの建物はカンパニールオープン時に中庭の部分をダイニングとして大胆に改築され、天井のガラスも実に開放感にあふれています。窓といい、街角にいるような不思議な空間でぜひブランチをいかがでしょう。

Republique 09

店内は好きな場所を自分で選び、レジで渡されたコップの番号札を置けばそれで注文完了です。

Republique 07

写真はSmoked Salmon BenedictとMushroom Toast、その他変わったところではKimichi Fried Riceといったメニューもあり。

Republique 08

厨房近くへ行くとバケットがたくさん置かれているのですが、サイドに付いてくるメニューもあります。こちらもオススメ!

Republique 10

パンを作っているところも見られるので、臨場感あり!

Republique 14

奥に進むと2階があるのですが、通常は使われないとのこと。

Republique 11

Republique 13

店奥にはテーブルが並ぶスペースがあり。ここも天井が吹き抜けとなっています!

Republique 12

基本的に店内は活気にあふれているので、落ち着きたい時は人の出入りが少なめの奥の席もいいかもしれません。

Republique 01

朝食メニューにもあるのですが、人気のグラノラも購入可。お土産にも最適。(^^)

Republique 18

入り口近くにアイスクリームが売っているのですが、実は外のウインドゥからも購入できます。列に並ぶ必要がないのでとても便利です。

Republique 15

Republique 16

 

駐車場はバレットがランチ$8、ディナーが$10となっています。La Brea Avenue沿いにもコインパーキングあり。日曜日は無料のところもありますので、そちらも探してみてもいいかもしれません。

昼間は予約不可ですが、夜はウェブサイトにて可能ですのでゆっくり過ごしたい方にはディナーがオススメです!

Sun-Wed

Breakfirst/Lunch    8AM-3PM

Dinner    5:30PM-10PM

Thu-Sat

Breakfirst/Lunch    8AM-3PM

Dinner    5:30PM-11PM

Republique 624 South La Brea Ave, Los Angeles, CA 90036

 

republiquela.com

 

アドセンス01


アドセンス01


-Cafe and others, LA Sightseeing, Mid-Wilshire
-, ,

Copyright© trip macchiato , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.