Hollyhock House 07

Hollywood LA Sightseeing

Hollyhock House - ホーリーホック ハウス

更新日:

Frank Lloyd Wright 建築が一般公開!

Aline Barnsdall Hollyhock Houseは、1919年から1921年に建設された油田王の娘、アリーンバーンズダールの住居としてフランク ロイド ライトが設計したもので、現在イーストハリウッドのバーンズダール・アート・パークの中心に位置しています。Hollywood Blvdに面するゲート入り口近くに駐車場もありますが、上にいくスロープを上がるとよりパーク中心の駐車場に行けるのでオススメです!

Hollyhock House 01

アメリカの有名建築家であるライトの建築物はここLAにもいくつか存在するのですが、そのほとんどはプライベート所有もしくは未公開となっています。ビバリーヒルズにある Anderton Court Shopsを除けば、Hollyhock Houseは2015年より一般公開となっている唯一の建物となり、ライトファン必見です(2018年現在)。

建物横にあるビジターセンターにて入場のためのステッカーを購入(大人$7)、キャッシュは受け付けないのでご注意!

Hollyhock House 08

残念ながら建物内は撮影禁止となっており、室内見学場所も限られたスペースとなっているのですが、親切なガイドさんから家具や装飾品などの話も聞けますのでぜひ。又外からも金網越しに見れるようになっています。

Hollyhock House 06

Hollyhock Houseはフランク ロイド ライトの最初のLAプロジェクトで、ライト自身は、「自分の形を作る自由」を意味する音楽用語を使って、California Romanzaと呼んでいます。Hollyhockと言う名はアリーンの好きな花(タチアオイ)が由来となっており、この建物の至る所で装飾モチーフとなって見ることができます。当初購入された36エーカーのオリーブ・ヒルに劇場など含む建設の大きなプロジェクトでしたが、財政的に困難となりライトは解雇となりました。又当時、彼は日本の帝国ホテルをデザインすることに専念したため、個人的にはほとんど監督できず、助手のルドル フシンドラーと彼の息子、ロイド ライトに家の設計に関する多くを委任したとのことです。 その後彼女の要請により建物はロサンゼルス市に寄贈、彼女の父Theodore Barnsdallを偲んでパブリックアートパークになり、米国内務省により2007年に国家歴史的建造物に指定されました。

Hollyhock House 03

敷地内にはアートギャラリーなどもあり、無料で楽しめます。又小高い丘の上にあるのでこのようにダウンタウンも一望。

Hollyhock House 02

さらに反対の北側の山には遠くHollywoodのサインも見えたりします。(^^)

Hollyhock House 09

人気スポットのLos FelizやSilver Lakeからも近く、一休みにも最適です!

Thu-Sun 11AM-4PM

Last entry at 3:30PM

Hollyhock House 4800 Hollywood Blvd, Los Angeles, CA 90027

 

barnsdall.org

アドセンス01


アドセンス01


-Hollywood, LA Sightseeing
-, ,

Copyright© trip macchiato , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.